スポンサードリンク


2017年08月17日

転職女性の正社員雇用はあるのかしら

現代では、正社員よりは、派遣社員というところが多くなっているようね。

特に、転職した女性は、結局希望した正社員が難しく、とりあえず、派遣社員で働く人も多くなってきていることは確かね。

不況により、正社員としての雇用が減少したということや、ライフスタイルの多様化により、パートやアルバイト、または派遣社員という形で働く人が、非常に多くなってきているのよね。

特に女性の場合、結婚や出産、育児など、働ける時間が限られる場合も多く、転職を余儀なくされることもあるのよね。

一旦退職などをしてしまうと、再び正社員として勤務するのはなかなか難しく、アルバイトや派遣社員という形になってしまうことが多いようよ。


でも、全く正社員として採用しなくなったというわけでもないようよ。

現在多くなっている、正社員への雇用方法が、パートや派遣社員などからの登用なんですって。

実力がよくわからない新卒や中途採用を採用するよりも、その会社で派遣社員として働いてもらう中で有能な人を見つけてそれから採用するという形が、会社としてもリスクが少ないからなのよね。

実務経験者が転職や再就職の時に有利になるのは常識ですから、社員への登用もそう思うと、当然のことなのかもしれませんよね。

力のあるものがいつでも勝つということかしらね。


正社員への近道は、積極的に仕事に取り組み、高度な知識や技術を取り入れようと努力している姿を見せて、責任ある仕事を任せてもらえるようにアピールすることが、いちばんのようですね。

転職を考えるとき、パートやアルバイトとなると、どうしても正社員より見劣りしてしまい、やる気もなくなるかもしれないけれど、どこでも、自分がやりたい仕事がある場合、途中採用があるところであれば、一生懸命仕事ができることをアピールしていくことも、一つの道ですね。

自分の目指す仕事があるのでしたら、一旦はアルバイトや派遣社員という形でもいいので、その仕事に携わり、その中でスキルを磨いていくというのが、一番の近道かもね。

がんばりましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。