スポンサードリンク


2017年04月30日

女性ならではの仕事で勝負

新卒でも就職が厳しい現在、
女性転職はますます厳しい社会となっています。


女性ならではの職場を見つけましょう。


女性ならではの仕事には、
エステシャンネイリストなど、
美容系の仕事は女性を求めていますね。


専門学校などで技術を身につけると、
一生の仕事になるでしょう。

これからは、
自分ならではの技術を身につけなければ
一生仕事をしていくことは
難しいでしょう。

自分に合った仕事、
自分にできる仕事を
客観的に考えて、
技術を身につけるようにしましょう。


男性でも女性でも
あなただからこの仕事をしてほしい
と思われる人間になることで、
ビジネスも成功します。


タグ:女性 転職
posted by lady at 06:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性の転職の注意点

女性の寿退社は過去のこと

女性の寿退社を考えている人は、
働く女性の全体の5%にも満たないとか。

男女平等に
結婚しても、
子供が生まれても仕事を続けたいという女性が増えています。


とうぜん、就職先も
ずっと働き続けられることが前提になりますね。


最近の株安などで、新卒の就職も大変な世の中、
一度やめてしまったら、なかなか転職で、
希望の職種につけるとは限りません。


福利厚生面など、よく考えて、
女性でも働き続けられる会社を選択しましょう。
保育所不足で、保活なんていう言葉が出てくる世の中です。


保育所を企業に義務付けるくらいの
男女平等で力を発揮できる社会に
早くなってほしいですね。



posted by lady at 06:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性の転職の注意点

女性の転職の面接時のメイク

女性の転職の面接では、やはり、メイクや服装などの、見た目、ルックスにも細心の注意を払うことは、とても重要なことですね。

転職を成功させるなら、面接では好印象を与えたいところよね。

社会人として、最低限の身だしなみを整えるのは当たり前ですが、女性ならメイクにもしっかりこだわりたいというところよ。

でも、メイクは派手ではなく、基本は、ナチュラルメイクです。
決して、ケバケバのお水メイクにはならないようにね!

ファンデーションは顔色をよく見せることを重視して、あまり濃くならないように要注意よ。

首元と顔色が異なるのは、化粧の濃さを感じさせるので、首にファウンデーションを伸ばすのを忘れないでね。

アイメイクは、派手にならないように気をつけましょう。
青や緑といった寒色系の色は、派手できつめな印象を与えますので、ブラウン系や赤系など、温かみのある色を使用するのが無難ですね。

まつ毛についても、ナチュラルメイクよ。
ボリュームアップマスカラなど、まつ毛が長くボリュームあるのが人気だけど、転職の面接では避けたほうがよさそうよ。
マスカラを使用する場合は、適当な量とし、きちんとブラシを使用し、
間違っても、気付いたらパンダの目だったなんてならないようにしましょうね。

チークも濃い色はだめよ。
顔色が悪そうに見えると、面接時の印象が悪くなるので、パステルカラーなど、明るく、濃すぎない色を頬の一番高いところに一塗りしましょう。

口紅も派手な印象を与える濃い色は避けましょうね。

でも、あまり唇の色味が薄いのは全体的にボケた印象となってしまいますので、オレンジやピンクといった色であっても、ベージュなどが入った色味の落ち着いたものを選んでみましょう。


え〜っ、メイクより、面接は中身重視でしょうって!
でも、短い面接時間全てを判断されるのですから、当然、見た目も重要なのは、当然よ。
まして、面接担当者はまだまだ男性主流。
女性は見た目が武器となる場合もまだまだあるんですよ。

転職するときに、そんな面倒なと思うかもしれませんが、身だしなみを整えるということは、面接で好印象を与えるには欠かせないものよ!

自分を美しく見せる努力はするべきね。

posted by lady at 06:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性の転職の注意点

女性の転職を成功させる条件

女性が転職を成功させるためには、やはり念入りな準備が必要よ。

女性が転職を成功させるために必要とされることが、その採用理由を理解することだというのね。

各企業の採用担当者によっては、職務経験を重視する場合、個人の個性を重視する場合や、企業や仕事に対する誠実さを重視する場合など、多種多様なわけ。

企業側の基準というものもあるし、採用担当者の個人的な判断というのもあるわよね。

ある程度の採用基準があるので、面接における自己アピールなどはもちろん重要にだし、やはり、女性であれば、見た目も重要なポイントになることは事実よ。
ルックスは、どんな場合にも、物を言うのよね!


10〜20分というとても短い時間の中で、判断してもらわなければならないわけだから、自分の個性、自分が如何に企業にとって有益な人物であるかを、しっかりと、訴えて、今後はどのような仕事をしていきたいかなどをアピールするということを、念頭において、面接にのぞまなければいけないということよ。


でもね、その面接で、自分を良く見せようと思うばかりに、過剰な表現や脚色をしてしまうのは、よくないそうよ。
結局、虚は、すぐ、見抜かれてしまうのね。
面接官は人物を見るプロなんだから、そういった嘘は見抜かれてしまうことがほとんどだそうよ。
逆に不採用の理由になってしまうこともあるそうだから。

短い時間だからこそ、嘘、偽りのない、本当の自分を解ってもらわなければいけないのね。

面接を成功させるためには、自分を見つめなおし、きちんとした自己アピールポイントを簡潔にわかりやすく、まとめておくことが、大切となりますね。
でもね、できない仕事や、やりたくない仕事をできるといってしまうとことは、後に採用されたときに、結局自分の首を絞めることにもなって、また早期退職なんてなるとまずいので、そういうことは、よく考えて応えましょうね。


とにかく、転職さえできればあとはなんとでもなんて、考えるのは、いけないわ。

長続きさせるためにも、ありのままの自分を受け入れてくれる会社を探すというのも、一つの転職の成功の形であるということよね。


posted by lady at 06:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性の転職の注意点
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。